S TAP幹細胞、簡単に再現されることはない?

4212stap

ソース/ Nature

日本の理化学研究所(RIKEN)の研究者がメインとなって参加した日本•米国の研究チームが弱酸性溶液に生まれたばかりのラットのリンパ球を浸して、特定の培養処理をしたら細胞が逆分化して初期状態の幹細胞が生成されたという論文を<ネイチャー>に発表してから20日余りしか持たなかったが、世界のあちこちで今回の行われた再現実験の結果から出てきた最初の反応は、このように「 簡単な結果にはならない!」という見方と意見です。

 

初期の実験の結果であるため、見守らなければならですが、少なくとも「簡単な」逆分化幹細胞として知られているかのようにシンプルな結論には至らなそうです。

 

18日ネイチャーは、ニュース報道で、理研が画像の重複や操作疑惑を受けるSTAP論文2編について調査を行っていると報道しながら、再現実験の否定的な結果もSTAP幹細胞の研究成果について疑問を投げかける背景となっていると伝えた。

 

ネイチャーの報道を見ると、ネイチャーニュースチームが再現実験を行った10人の著名な幹細胞の研究者たちに連絡してみると、研究者たちは皆成功した結果が得られなかったと答えた。

 

このような結果は、逆分化幹細胞の研究者と科学のブロガーである米国カリフォルニア大学のポールクヌェプラグ(Paul Knoepfler)教授が自身のブログで進行する「マルチ参加(crowdsourcing)」の検証でも18日現在、9ヶ所の実験室が負の結果を報告したものと加わり、STAP幹細胞の再現が容易ではないことを示すものである。

 

国内生物学研究情報センター(BRIC)の掲示板な音場も再現実験を試みたが、否定的な結果を得たいくつかの匿名の研究者の報告が上がってきている。しかし、まだ不用意にどのような結論を下すことは難しい。

 

ネイチャーの報道を見ると、まず、これまで報告されたほぼすべての再現実験では、今回の論文の研究チームが使ったのと同じタイプの細胞を使用しておらず、また、STAPの幹細胞を作成する方法(プロトコル)自体が論文に発表されたものよりはるかに複雑微妙であることができ、再現が容易ではなされない可能性もあるということだ。

 

つまり、今回の研究の結果は確かに存在するが、方法が難しく、第3の研究者が独自に再現することはすぐに行われないだけだろということだ。

 

これに関連しいくつかの研究者は、「ある特定の技術を持った研究室は、簡単な実験が他の研究室では極めて困難になることがある。」などの慎重な反応を示したとネイチャーは伝えた。

■MYフレンド■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
費用を掛けずに会社設立 とにかく会社設立に費用をかけたくない人のためにおすすめのサイトです。わたくし、基本は理系人間ですので、実験、研究、睡眠zzzzの日々であります。しかし、経済、金融、税法、などなど社会で生きていくうえでそれだけで生きていくことはできません。そんな不幸な私に丁寧に社会の仕組みを教えてくれたマイフレンドのサイトです。これから会社設立を費用をかけずにやりたいという人はぜひ。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■